2016~action

●2016年8月~11月
「THE SHIBAI OKAYAMA 2016」開催(岡山市芸術祭参加) 
後援:岡山県・岡山市・岡山県教育委員会・OHK岡山放送株式会社 その他多数

 ■夏の創作ワークショップ&発表会「かもめ」
平成28年8月19日(金)~21日(日)
劇団「aji」演出家の島貴之、コーポリアルマイム・ユニットtarinainanikaの、チェーホフ原作「かもめ」を
題材とした演劇・舞踊のワークショップ。最終日に発表会を行う。

■秋の創作ワークショップ&発表会「ロミオとジュリエット」
平成28年9月30日(金)~10月2日(日)
劇団山の手事情社の大久保美智子、舞踊家・振付家の三浦宏之の、
シェークスピア原作「ロミオとジュリエット」題材とした演劇・舞踊のワークショップ。最終日に発表会を行う。

■プロ公演「オイディプス」
平成28年9月1日(木)、2日(金)、3日(土)、4日(日) 
ソフォクレス作のギリシア悲劇。父を殺し、母と交わると予言されたオイディプス王の数奇な人生を
国内外で活動する第七劇場が現代演劇として上演する。

■ウブ公演「あゆみ」 
平成28年9月10日(土)18時、11日(日)18時 旧内山下小学校体育館
未経験者を含む岡山市民・県民の公募による公演。一人の人生の始まりから終わりを多数の人で演じる群
像劇。誰もが持つ普遍性の中に満ちたドラマを、中学生から60代までの17人が届ける。

■ガチ公演「止まれない12人」
平成28年10月29日(土)18時、30日(日)14時、18時 旧内山下小学校体育館
平成28年11月5日(土)18時、6日(日)14時 旧遷喬尋常小学校講堂(真庭市久世)
県内演劇人が集結した公演。時速500キロで走る新型新幹線の試乗会で起こる緊急事態に、乗り合わせ
た曲者ぞろいの12人が翻弄されるノンストップコメディーを迫真の演技で届ける。
                               
●2017年6月~12月31日
「THE SHIBAI OKAYAMA 2017」開催(岡山市芸術祭参加) 
平成29年度岡山市芸術祭企画提案事業 第15回おかやま県民文化祭共催事業  共催:岡山市 岡山市芸術祭実行委員会 公益財団法人岡山市スポーツ・文化振興財団 岡山県 おかやま県民文化祭実行委員会 公益社団法人岡山県文化連盟
後援:岡山県教育委員会 岡山市教育委員会 山陽新聞社 朝日新聞岡山総局 読売新聞岡山支局 毎日新聞岡山支局 RSK山陽放送 OHK岡山放送 TSCテレビせとうち RNC西日本放送 KSB瀬戸内海放送 FM岡山 レディオモモ oniビジョン タウン情報岡山  助成:公益財団法人福武教育文化振興財団
■オープニング・ワークショップ 
平成29年6月3日(土)4日(日)
国内外で活躍する講師による演劇とダンスのワークショップ、演劇作品の映像の上映会を開催
テーマ:「自分を知る、お互いを知る、そしてお芝居をつくる」講師:大久保美智子(劇団山の手事情社 俳優)
テーマ:「言葉の動きとからだの動き」講師:三浦宏之(M-laboratory主宰・Works-M アートディレクター・振付家・舞踊家)

■U18創作ワークショップ発表会「習作版・ロミジュリ」
平成29年6月10日(土)~18日(日)
中学生・高校生を対象に、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を題材に7日間でダンス作品を創作し、最終日に発表会を行い、一般に公開。

■創作ワークショップ発表会「夏の夜の夢」
平成29年7月22日(土)~30(日)  講師:大久保美智子(劇団山の手事情社 俳優)
シェイクスピアの「夏の夜の夢」を題材に7日間で演劇作品を創作し、最終日に発表会を行い、一般に公開。

■みんなで作る音楽影絵「アリス・イン・シャドウ」
平成29年9月29(金)~ 10月1日(日)子ども対象 講師:99roll・米谷よう子・安本浩子(ピアノ演奏)
誰もが知ってる楽しいお話「不思議の国のアリス」を巨大スクリーンでめいっぱい影遊びをします。

■LOOP×烏滸会 公募公演「八月、鳩は還るか」
平成29年10月28日(土)、29日(日)
京都劇研スタジオで好評を博した問題作を公募の市民で上演します。

■プロ公演 大久保企画『班女』
平成29年11月18日(土)・19日(日) 3回公演 出演:大久保美智子・中川佐織(劇団山の手事情社) 他
三島由紀夫「班女」の山の手事情社 女優 大久保美智子による企画公演。

■てんやわんやの年越しミュージカル「108」(イチマルハチ)年越公演
平成29年12月30日(土) 31日(日)~1月1日
年末をミュージカルで年越の公演企画。