2016~action

●2016年8月~11月
「THE SHIBAI OKAYAMA 2016」開催(岡山市芸術祭参加) 
後援:岡山県・岡山市・岡山県教育委員会・OHK岡山放送株式会社 その他多数

■夏の創作ワークショップ&発表会「かもめ」
平成28年8月19日(金)~21日(日)
劇団「aji」演出家の島貴之、コーポリアルマイム・ユニットtarinainanikaの、チェーホフ原作「かもめ」を
題材とした演劇・舞踊のワークショップ。最終日に発表会を行う。

■秋の創作ワークショップ&発表会「ロミオとジュリエット」
平成28年9月30日(金)~10月2日(日)
劇団山の手事情社の大久保美智子、舞踊家・振付家の三浦宏之の、
シェークスピア原作「ロミオとジュリエット」題材とした演劇・舞踊のワークショップ。最終日に発表会を行う。

■プロ公演「オイディプス」
平成28年9月1日(木)、2日(金)、3日(土)、4日(日)
ソフォクレス作のギリシア悲劇。父を殺し、母と交わると予言されたオイディプス王の数奇な人生を
国内外で活動する第七劇場が現代演劇として上演する。

■ウブ公演「あゆみ」
平成28年9月10日(土)18時、11日(日)18時 旧内山下小学校体育館
未経験者を含む岡山市民・県民の公募による公演。一人の人生の始まりから終わりを多数の人で演じる群
像劇。誰もが持つ普遍性の中に満ちたドラマを、中学生から60代までの17人が届ける。

■ガチ公演「止まれない12人」
平成28年10月29日(土)18時、30日(日)14時、18時 旧内山下小学校体育館
平成28年11月5日(土)18時、6日(日)14時 旧遷喬尋常小学校講堂(真庭市久世)
県内演劇人が集結した公演。時速500キロで走る新型新幹線の試乗会で起こる緊急事態に、乗り合わせ
た曲者ぞろいの12人が翻弄されるノンストップコメディーを迫真の演技で届ける。

●2017年6月~12月31日
「THE SHIBAI OKAYAMA 2017」開催(岡山市芸術祭参加) 
平成29年度岡山市芸術祭企画提案事業 第15回おかやま県民文化祭共催事業  共催:岡山市 岡山市芸術祭実行委員会 公益財団法人岡山市スポーツ・文化振興財団 岡山県 おかやま県民文化祭実行委員会 公益社団法人岡山県文化連盟
後援:岡山県教育委員会 岡山市教育委員会 山陽新聞社 朝日新聞岡山総局 読売新聞岡山支局 毎日新聞岡山支局 RSK山陽放送 OHK岡山放送 TSCテレビせとうち RNC西日本放送 KSB瀬戸内海放送 FM岡山 レディオモモ oniビジョン タウン情報岡山  助成:公益財団法人福武教育文化振興財団
■オープニング・ワークショップ
平成29年6月3日(土)4日(日)
国内外で活躍する講師による演劇とダンスのワークショップ、演劇作品の映像の上映会を開催
テーマ:「自分を知る、お互いを知る、そしてお芝居をつくる」講師:大久保美智子(劇団山の手事情社 俳優)
テーマ:「言葉の動きとからだの動き」講師:三浦宏之(M-laboratory主宰・Works-M アートディレクター・振付家・舞踊家)

■U18創作ワークショップ発表会「習作版・ロミジュリ」
平成29年6月10日(土)~18日(日)
中学生・高校生を対象に、シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」を題材に7日間でダンス作品を創作し、最終日に発表会を行い、一般に公開。

■創作ワークショップ発表会「夏の夜の夢」
平成29年7月22日(土)~30(日)  講師:大久保美智子(劇団山の手事情社 俳優)
シェイクスピアの「夏の夜の夢」を題材に7日間で演劇作品を創作し、最終日に発表会を行い、一般に公開。

■みんなで作る音楽影絵「アリス・イン・シャドウ」
平成29年9月29(金)~ 10月1日(日)子ども対象 講師:99roll・米谷よう子・安本浩子(ピアノ演奏)
誰もが知ってる楽しいお話「不思議の国のアリス」を巨大スクリーンでめいっぱい影遊びをします。

■LOOP×烏滸会 公募公演「八月、鳩は還るか」
平成29年10月28日(土)、29日(日)
京都劇研スタジオで好評を博した問題作を公募の市民で上演。

■プロ公演 大久保企画『班女』
平成29年11月18日(土)・19日(日) 3回公演 出演:大久保美智子・中川佐織(劇団山の手事情社) 他
三島由紀夫「班女」の山の手事情社 女優 大久保美智子による企画公演。

■てんやわんやの年越しミュージカル「108」(イチマルハチ)年越公演
平成29年12月30日(土) 31日(日)~1月1日
年末をミュージカルで年越の公演企画。

●2018年主催及び共済事業 (開催期間:2018年3月~12月)

■2018年7月28日(土)29日(日)■

LOOP⑩ HAKO project 
「THE GHOST WRITER(ゴーストライター)」

■あらすじ

「THE GHOST WRITER(ゴーストライター)」脚本:G2演出:朝松 煌

新進気鋭の映画脚本家、宮本洋輔。ホテルに缶詰めで脚本を書き上げる…かと思いきや、女優との逢い引きに夢中? それもそのはず、実は脚本を書いているのは洋輔ではなく、「ある女性」だった。ロケ先の上海を舞台に過去と現在が交錯する、ゴーストライターを巡る不思議な物語。
■開催日時
平成30年7月28日(土)29日(日)
28日①13:00~(ゲネプロ公演)未就学児入場可能回
②17:00~
③21:00~(レイトショー公演)
29日④13:00~
⑤17:00~
■開催場所
岡山市北区問屋町23‐101 スタジオバース 3F
http://studiobirth.com/

■主催: LOOP⑩
演出:朝松煌
演出補佐 吉田昌史(黒い兎団)
照明・舞台 黒木重行(有限会社 スペース・アート)
音響 池田正則
音楽:加藤みわ
制作 藤原 康典
企画・製作責任者 : LOOP⑩ 藤原 康典
■出演者
リンクアップとっしー・三村 真澄(フリー)・森峰 清(フリー)大河 剛・灯 羅美(CARATプロジェクトカンパニー)
安田 レナ(フリー)・書上 和義(SOFTGEAR)・吉本 悦子・石井 惠(kojima princess)・加藤 みわ・白神 雄介(黒い兎団)
順不同

 ■2018年8月5日(日)■
ロクディム、初の岡山県へ!
「この瞬間を一緒に笑おう」

ロクディム、初の岡山県へ!「この瞬間を一緒に笑おう」ライブを開催します。即興でうまれる物語にはあなたの人生の素晴らしさが詰まっている脚本や台本を用意せず「即興」で「芝居」をする即興芝居をおこないます。先の展開を決めず、今、ここに存在する「自分」と「相手」との「やりとり」から物語をつくっていきます。観客には「言葉・台詞」を書いてもらい、それを公演の中でつかっていきます。ロクディムも観客も先がわからずドキドキ・ワクワク。即興ならではのハプニングにお腹が痛くなるほど大爆笑も。

《岡山公演:8月5日(日)》

【日程】2018年8月5日(日)
【時間】
昼回:開場|13:30 開演|14:00
夜回:開場|17:30 開演|18:00

【出演】ロクディム(渡猛、カタヨセヒロシ、りょーちん、小田篤史、名古屋淳、宍戸勇介)、小西真理

【会場】岡山シンフォニーホール イベントホール
http://www.okayama-symphonyhall.or.jp/page12.php
岡山県岡山市北区表町1-5-1 シンフォニービル 3F

[主催]LOOP⑩ ロクディム
[後援]岡山県 岡山市 岡山県教育委員会 岡山市教育委員会
[宣伝美術]デザイン事務所スペスタ

■2018年3月~12月通年計4回■

「気になる子どもの発達を促すインプロと気になる子どもとの関係をよりユニークにするお母さんと子ども、全ての見守るインプロワーショップ。レクチャーと演習。」

2017年12月2018年3月6月9月12月にユニークインプロワークショップ開催されました!
インプロ(即興演劇)が気になる子どもたちと見守る大人たちの新たなコミュニケーションツールになる!という考えをベースに、座学によるレクチャーと実際に子どもたちと遊んでみる演習が企画されています。
今まで見えていた視点とはまた違ったを発見するとても素晴らしい機会(チャンス)の一つになると考えています。

☆主な内容☆
①みんなでレクチャー(座学)
②身体を使ってみよう
③子どもと一緒に楽しんでみよう

【講師】
小松原 修〈ばらさん〉
佐賀県で特別支援教育に22年携わる。
日々の支援にインプロの理念を応用しており、ユニークなコミュニケーションとしてのインプロを広めている。【後援】岡山県・岡山市・岡山市教育委員会

共催事業■

●5月25日26日 ●

OTO共催 会場 アンソレイユ 「斜陽/影」 米谷・三村・藤原出演多くのご来場ありがとうございました。

●9月2日●

櫂の木合唱団ミュージカル公演共催 会場:百花プラザホール 演出 朝松 煌